■言いにくいことを爽やかに伝えるセミナー


【夫に、妻に】言いにくいことを爽やかに伝えるための実践セミナー

~相手も自分も尊重することで、幸せをたぐり寄せるアサーティブなコミュニケーション術~

言いにくいことを伝えると、不思議と諦めかけていた恋愛していたあの頃のように熱い2人になれるのです。そんなツボとコツが詰まったセミナーです。

まずは、こちらの対談動画をご覧ください!



🔶開催にあたって

■パートナーシップがどんどん良くなる3つの柱はこちらの3つです。


自分を知る
②相手を知る
③本音を素直に伝え合う



この3つの柱を理解して、実践すれば
あなたとパートナーはいつの間にか
一緒に時間を過ごすことに幸せを感じ、昔のようにときめきとドキドキと愛情と思いやりを日々感じながら過ごすことができるでしょう。

本セミナーでは、この中で③にフォーカスします。


一番身近な他人、あなたのパートナー。
「言いにくいことを言わなければいけない」シーン、どれくらいありますか?

実は、一日に何回もあったりするのです。

ではそのうちで、相手にあなたの考えや思いを率直にきちんと伝えているのはどれくらいありますか?

・ハッキリ伝えたら大変だった
・自分が飲み込めばそれで治まる
・知らなかったフリをすればいい
・本人には言えないけど他の人が分かってくれればいい
・ひとつひとつ争って不愉快な思いをしたらへとへとに疲れてしまう
・このあとの関係に影響を及ぼしかねない


だってずっと一緒にいる人だから、めんどうくさいことになりたくない。
今の関係が悪くなったらどうしていいかわからない。

そんな理由で私たちは、ぐっと言葉を飲み込んでそれで乗り越えて来ました。

だから、自分が乗り越えて来た経験から学んだこの方法しか知らないのです。


でも、少し考えてみてください。
例えば言えないのを相手のせいにしているかもしれませんが、その行動をとっているのはあなた自身なんです。あなた自身がその行動を選択しているんです。

もしかしたら争いをさけるために、自分にもっともらしい言い訳をしてはいませんか?

でもそうなるのも仕方ないのです。それで乗り切ってここまで来たんだから。あなたは悪くないのです。立派です。

でも、本当にそれでいいのでしょうか?

相手を言い負かすことでは誰も幸せになれない


1年ほど前ですが、
クライアントをたくさん抱えている女性のコーチの方が
雑談の中でこんなことをぽろっとこぼしたのです。
「ダンナなんて、いつも論破しちゃうから。」

ぞっとしました。
コーチングを相手を打ち負かす道具として使っている。
いくら売上が上がっていても、本当に幸せなのでしょうか・・・


ではもし、
あなたのパートナーより優位に立って攻撃するのでもなく
自分が我慢するのでもなく
他の人とパートナー愚痴を言いあって満足するのでもない

今までとは違うコミュニケーションの方法があるのなら、それ、知りたくありませんか?


それは何かというと、
相手のことも尊重しつつ、自分の意見を的確に伝えていくことができる
自分も相手も尊重するアサーティブコミュニケーションという方法です。

言いたいことが「言えない」のは性格の問題ではなく、伝え方を知らないだけ


本セミナーは、「さわやかに自己主張する」をモットーに
あなたのパートナーに対して、それだけでなく家族、職場や家庭、あらゆるケースで使えるような、苦手な人であってもしっかりコミュニケーションが取れる「言葉の伝え方」について
アサーティブコミュニケーションをベースに一緒にトレーニングしていくセミナーです。

「アサーティブコミュニケーション」という考えは70年ほど前のアメリカで生みだされ、人種やジェンダーの差別是正を求める活動等において「いかに自己主張をするか」を探る中で発達してきたと言われています。

日本においては認知行動療法のトレーニングの1つとして紹介され、各地の自治体や男女共同参画センター、企業研修など様々な分野で広く活用されています。

例えば、会社組織の中で
対お客様にはいい顔をしていても、
社内の同僚や部下にはひどくぞんざいな態度をとるリーダーがいるとします。

しかし、外向けだけがんばっても根っこが緩んでいてはダメで、
その緩んだ姿勢はふとしたところでお客様に出ます。
その結果信頼を失ってしまいます。


これは、パートナーシップでも同じなのです。
一番近くにいる、あなたの妻と、夫とうまくコミュニケーションを取れないのに、他人とコミュニケーションはとれない。

たとえ一時的にビジネスもうまくやれるかもしれませんが、長い目で見るとうまくいかないのです。

だから、まずはパートナーシップが大切なのです。

不思議なくらい、ビジネスとプライベートは連動しているのです

どちらも正しいし、間違ってない、
でもちょっとしたすれ違いで
こじれていく、、、、
 

やり方をしらないだけかもしれません、でもやり方を知っていれば楽になります。


あなた自身を大切にするため
勇気を持って伝えたら
「ありがとう」が返ってきます。

言いにくいことを伝えると、恋愛していたあの頃のような気持ちになれる


ぜひあなたの周りの人間関係を良好にして、
もう諦めかけていた、恋愛していたあの頃のように熱い2人の関係に戻れるように、一緒にトレーニングしていきましょう!
言いにくいことを伝えると、不思議と諦めかけていた恋愛していたあの頃のように熱い2人になれるのです。そんなツボとコツが詰まったセミナーです。

夫の尊重 × 妻の尊重 =あの頃の二人を取り戻す

余談ですが、
パートナーシップ、夫婦関係がこじれたりケンカしていると
余計なお金がかかるものです。

機嫌を取るためのプレゼント、別々で食べる食事代、
家に帰りたくないので寄り道するカフェやパチンコ、娯楽飲食店
駅のホームのベンチでボーッとしながら食べる菓子パンやアイス・・・

今回、3000円というセミナー代でずっと仲良くいられるなら
どちらにお金を使うのが賢明な選択でしょうか。


🔶セミナー内容

①あなたはどのタイプ?対人関係における3つのタイプをチェック!

②相手を怒らせずに自分の意見を伝える「3つの話法」とは?
1)マインド:私達が大切にすべき4つの柱・感情を言葉にする方法
2)スキル①:切り出しにくい話をするときの方法
3)スキル②:さわやかに主張するための状況別最強フレーム

③ケーススタディでトレーニングしよう!
1)言いにくいことをハッキリ言わなければいけないシチュエーション
2)自分と相手の意見が異なるときは?

④明日からの実践方法



🔶セミナーで期待できる効果

①. 夫に(妻に)感情的になりそうな場面でも落ち着いて伝えられるようになる

②. 夫に(妻に)本当に伝えたいことや必要なことを適切に伝えられるようになる

③. 言いにくいことをさわやかに伝えられることで自分に自信がつく

④. 言いにくいことを伝え合うことで相手からの「言ってくれてありがとう」が生まれ、
  相手への信頼・尊重・感謝が高まり、絆が深まる。

⑤. お互いを尊重・信頼した伝え方にょって、二人の恋愛関係を取り戻す。  もう諦めかけていた「出会った頃の2人に戻る!」「恋愛していたあの頃のように熱い2人になる!」「思わず手をつないで歩きたくなる2人になれる!」関係の質が変わる。



🔶受講対象者

1. 苦手な人がいる方
2. 自分に自信がない方
3. 頼まれると断れず引き受けてしまう方
4. 強く言い過ぎてぎくしゃくしてしまう方
5. 自分の意見を建設的に伝えるのが苦手な方
6. つい感情的になってしまう方



🔶過去の受講者の感想(抜粋)

すぐにコミュニケーション力が向上する魔法の言葉をいただき、大変満足です。言いづらいことを伝えることの型を知るとスムーズに上手に伝えることができることを体感できました。

普段伝えている方法にタイプがあると分かり自分は2つのタイプの混合だなとわかりました。後輩に指導をする時、○○と○○のみだったので、○○を入れてみようと思いました。

心の余裕と訓練がコミュニケーションを変えるのだということに気づけてとても貴重な時間でした。言うか言わないかをちゃんと判断した上で伝えようと思います。

とても分かりやすかったです。常にあるコミュニケーションだからこそ改めて考える必要があると思いました。どんどんこのセミナー続けてほしいです。

楽しく受講できました❗️相手の立場、気持ちに立って考えるいい機会になるのでみんな受けたらいいな‼️って思います。誰しも誰かに言いにくいと思ってる人っているはず。やって欲しいことだけじゃなく、○○と○○も一緒に伝えてなかったから拗らせてたんだなと思った。4つの柱を学んだこと。

すごくわかりやすく教えていただき、学びと気づきに溢れていました。言いにくいと思い言わずに終わっていることが結構あったので、これからは言える勇気をもらいました。




🔶日時
・2022年4月23日(土)10:00-11:30
・2022年5月21日(土)10:00-11:30
・2022年6月25日(土)10:00~11:30
 ※7月以降は未定です

🔶開催方法
オンライン(Zoom) ※ アーカイブあり(セミナー開催後日お送りします)

🔶料金
3000円  銀行振込orクレジットカード

🔶申込特典
お支払いの方全員に
「個性心理学からみるあなたとパートナーの相性診断」PDFをプレゼントします。
※お二人の誕生日の入力が必要になります


🔶講師紹介


川上 嘉一(かわかみ よしかず)

ニックネーム:きゃみさん

パートナシップ研究室室長
マインドグラフ〜心の年表〜創始者、兼カウンセラー

青山学院大学卒業。

過去、コミュニケーショントレーナー、講師として100回以上のセミナーに登壇。のべ500名以上に豊かな人間関係を築くためのマインドセットやコミュニケーションスキルを伝える。

多くの人の相談を受けた集大成として、”わずか2時間で一生ブレない自分軸を発見する”「マインドグラフ〜心の年表〜」を考案。心の癖や価値観など人生に及ぼしている影響がどこからくるのか、その人の過去を解読し未来につなげるノウハウを確立する。

しかし、その後は事業で手を広げ、イベントプロデュース会社の創業と失敗と自身の離婚という挫折を味わったことで、『結局、一番身近な人との関係性が人生に影響している。』ことに気づき、その経験をバネにパートナシップに特化したカウンセラーとして再出発をする。

カウンセラーとしては、誰も悪くはないという中立かつ客観性のあるスタンスと、圧倒的な聴く力をベースにした信頼関係の構築、答えを引き出す質問力は定評があり、セッションでは〝マインドグラフ 心の年表〟を用いることでパートナシップの真の原因がわかり、短期間で、『まるで恋愛をしていたときの2人のよう戻れた!』と、寄せられる喜びの声は枚挙にいとまがない。

現在は、自身も新たなパートナーと豊かな人生を歩み、日本中を幸せなパートナーシップで溢れさせることをミッションにしている。

NPO法人日本家族問題相談連盟認定カウンセラー


🔶申込